看板の重要性、宣伝効果の高さは看板業者選びが重要なキーに

便利な広告として

ポーズを取る女性

どんな歴史があるのでしょう

手提げ袋といえば買い物したときに商品を入れてくれる袋のことをいいます。普段何気なく受け取り、使用しているものだと思いますが、紙だけどとても丈夫なので重宝します。そんな手提げ袋には一体どのような歴史があるのでしょうか。まず日本で手提げ袋が誕生したのは大正時代のことです。アメリカでは1980年代から作られていたことから、その形を元に日本でも試作が行われてたそうです。それまでは布に商品を包んで運んだりしていたそうです。紙の手提げ袋の強度も信頼され普及していったわけですが、今は不織布製のものが増えてきています。特にファッション系のお店で使われることが多いのですが、不織布で紙より丈夫なため繰り返し利用できることが人気の秘訣のようです。

手提げ袋の今後の動向

紙製や不織布など、使われる素材も増え変化を遂げている手提げ袋ですが、今後はもっとオシャレなものが増えるのではないでしょうか。エコに関心を持つ方が多いので、出来れば手提げ袋も繰り返し利用できたらありがたいと思います。しかし利用するには機能性はもちろん、デザイン性を兼ね備えてないといけません。ただの袋としてではなく、サブバッグとして利用できるものが人気が出るのではないでしょうか。またこれに伴い、手提げ袋をデザインする会社も増えていくのではないかと思います。軽くて丈夫で使いやすいので、用途はたくさんあるはずです。同じような手提げ袋ではなく、人とは違う手提げ袋を持ちたいですよね。自分でデザインしてみるのも楽しいかもしれません。